彼の保険商品ににしたいなと思った理由

先日、保険会社に勤めている友人と話をしました。

 

 

 

なんの話かというと、まぁ簡単に言うと保険の営業なのですが、彼の言っている話には納得できるものがいくつもありました。

 

 

 

 

まず、円の価値について。

 

 

 

銀行にお金を貯金する人ってたくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

株とか投資をすることで資産運用をすることってやっぱりハードルが高い。

 

 

 

お金が増える可能性はあるけど、減る可能性もある。

 

 

 

それを考えると銀行にコツコツためている方が、確実にお金がたまっているように見えます。

 

 

 


しかし、インフレってって経済の価格水準、つまり物価は長期的に見ると上がり続けています。

 

 

 

ラーメンも1杯500円で食べられた時代もあったそうですが、いまや1杯1000円なんて普通ですよね。

 

 

 

でも、銀行に預けているお金の値段は変わらない。

 

 

 

つまり、ラーメンの価値が2倍になっている分、お金の価値は半分になってしまっているということです。

 

 

 

だからむしろ、銀行に預けていたら確実にお金の価値を下げてしまうんです。

 

 

 

そのインフレに合わせてお金の価値も一緒に動かしていった方がいいよねってのが資産運用です。

 

 

 

 

って感じの話をはじめ、本当にいろんな話を聞かせてもらうことができました。

 

 

 

 

現状、僕も月に少しづつですが投資信託の方にお金を回している事もあって、余裕のあるお金が無いため彼の商品を買うことはできませんでした。

 

 

 

ただ、彼が紹介してくれた保険は必要だなと思うようなものだった事も事実です。

 

 

 

だから、来年に今の彼女と結婚して彼女も働き始めて、家庭としてお金に余裕ができだしたらもう一回連絡すると約束しました。

 

 

 


というのも、その保険商品自体が魅力的だったということもありますが、何より彼がものすごく勉強していて、出てきた質問に対しても真摯に答えてくれた事が何よりいいなと思いました。

 

 

 

勤務先にも保険のお話をしに来られた方がいらっしゃったのですが、その方は僕の事を考えているというよりも、商品を売りに来られている感じがして、どうしても最後まで保険とか投資とか特有のうさん臭さがありました。

 

 

 

ただ、友人の場合は話をしていて僕の事を考えてくれているという実感がありましたし、友人自身がちゃんと勉強しているなと感じることができました。

 

 

 

 

やはり、何をするにしても、何を売るかとか何を話すかより、誰が、どんな人が話をしているかというところが大切なんだなぁと思いました。