明日の自分へ

高校教員です。朝か夕方に、ほぼ毎日なにか書きます。

簡単に手に入る時代が失ったもの

最近、車で移動するときにDVDを流しています。

 

アーティストのライブ映像を見るのが好きでDVD付きのアルバムを買うことが多くて、髭男とかsumicaとかのライブを流しながら移動しています。

 

 

そういえば、こうやってDVDを使うのなんて久しぶりでした。

 

 

僕はSpotifyプレミアムとかYouTubeプレミアムに加入していて、ストレス無く音楽等を聞くことができています。

 

 

昔どうやってたかなぁと考えると、お気に入りのアーティストのCDをわざわざ買ったり、TSUTAYAで借りたCDをiTunesにダウンロードしてiPodに入れたりと、手間もお金もかけながらやっとこさ聞きたい音楽を聞いていました。

 

 

ただ、そうやって苦労して手に入れた音楽は、僕だけじゃなくて他の人も同じように聞く必要があって

 

ちょっとマイナーな曲は共有することができず、もどかしい気持ちになったこともあります。

 

  

逆に、だからこそ自分だけしか知らないお気に入りのアーティストをこっそり応援したり、みんなが知ってるアーティストやけど誰も知らない名曲を優越感に浸りながら聞くこともできていました。

 

 

新しいアーティストを見つけるときは、友達に紹介してもらったアーティストのCDアルバムをとりあえず1枚借りてみるとか、音楽フェスで発掘するとか、まさに“発掘する”といった感じでした。

 

 

 

さて、今はというと、ストリーミングサービスやSNSによって、自分が欲しい音楽が簡単に手に入ってしまいます。

 

 

それが原因で、流行りの曲は爆発的に流行るし、でもその流行りも一瞬で通りすぎてしまう。

 

 

欲しいものが簡単に手に入ってしまうが故に、人々の“飽き”も早くなってしまったようで。

 

 

僕も昔は、「好きなアーティストは?」とか聞かれると「ファンモンです!」とか「UVERworldです!」とかはっきりと答えれていたのが

 

今となっては「髭男とかsumicaとかSaucy Dogとかリュックと添い寝ごはんとか、、、」といったように、その質問にはっきりと答えることができません。

 

 

僕は時代によって、1つのアーティストに“熱中する”ということができなくなってしまったようです。

 

 

音楽で例えましたが、今なんかは欲しいものは注文したら次の日には家に持ってきてくれるし、食べ物なんかは頼んで15分後ぐらいには家に持ってきてくれるし

 

欲しいものが簡単に手に入ってしまいます。

 

 

僕なんかはまだ、欲しいものがなかなか手に入らない、山口周さんの言葉をお借りするならば「乾いた」時代をギリギリ知っていますが

 

今の子どもはきっと「潤った」時代しかしらない。

 

 

だからきっと、彼らは熱中できるなにかをずっと探してるし

 

欲しいものが簡単に手に入らないのが気に入らないんだろうなぁと。

 

 

友達とか、成績とか、なかなか手に入らないものを敬遠したがるのもこのあたりが1つの原因なのかもしれないですね。

 

 

今の子どもには、こんな時代でも熱中できるなにかを見つけて欲しい。

言葉で人を鼓舞できるように

映画「ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦」を見に行きました。

 

 

こういった高校部活映画を見て一番に思うのが

 

「やっぱり自分もプレーヤーがしたいなぁ」

 

ということ。

 

 

今は学校で、女子ソフトテニス部の顧問をしているのですが

 

僕もなぜか一緒に練習に参加しています。

 

 

色んな理由があるのですが、その理由の1つとして、やっぱり体を動かすのが楽しいと感じているからです。

 

 

ただ、僕がどれだけ練習しても、どれだけうまくなってもそこに勝敗は関係しません。

 

 

だって指導者ですから(笑)

 

 

やるからには勝ちたいという思いももちろんあるのですが、その気持ちを持つべきなのは指導者じゃなくて選手であって

 

そこは僕の思いより選手の思いを優先させるべき。

 

 

でも、スポーツって絶対に勝った方が楽しいし、より高みを目指すには何をしたらいいかを考えてレベルの高い練習をすることは絶対に彼女らの成長につながる。

 

 

そこで、選手をその気にさせるのが僕の役割なんかなぁって最近思います。

 

 

それこそハイキューの烏野高校の顧問の武田先生とか、音駒高校の黒尾とかじゃないけど

 

あぁやって言葉でチームを鼓舞する事ができればもっと指導者としてレベルが上がるんじゃないかなって思います。

 

 

それは部活動の指導者だけではなくて教員としてもそうですが

 

言葉でもっと人を鼓舞できたり動かせたりできるような人間になりたいなぁって思います。

 

 

 

数学と歴史のそれぞれで必要なアプローチ

先日のバレンタインデーで、おかし作りの話になりました。

 

 

僕はおかし作りが苦手(ほぼ食わず嫌い)で、なにが嫌かって、分量をきっちりしないと生地が膨らまないとかそういうことをよく聞くのが嫌だなぁと。

 

 

料理をする分には、そんなに負担ないんですよね。

 

 

調味料とか適当にすればいいし、作る回によって味が違うのも楽しいし、その調味料の使い方って他の料理にも代替できるんですよね。

 

 

逆に、料理ができない人というのは、レシピ通り◯◯を大さじ1杯入れて△△をこさじ2入れて、、、といったかんじにはできるんだけれどもそれを他の料理に応用できないそうです。

 

 

この、料理が得意とか苦手とか、数学の得意苦手とかに似てるなぁと感じていて

 

数学って、1個公式を覚えたらそれを応用しながらいろんな所に使えるんですよね。

 

 

でも、数学が苦手な人は、公式をどう使うかというよりは、問題ごとにどう解くかというところにフォーカスを当てているので、せっかくの公式を広く応用することができないみたいです。

 

 

僕はどちらかというと、1つのことをいろんな所に応用するのが得意な方なので、数学が得意なのかもしれないです。

 

 

逆に、社会(特に歴史)が苦手です。

 

 

こちらはまさに、1個覚えても1点にしかならない。覚えたことの応用が利かないと感じているところが苦手な要因だと自分で分析しています。

 

 

逆に、歴史が得意な人って、1つの答えを覚えてるんじゃなくて、その1つの事象を1つのストーリーの中の1部だと考えているそうで、僕のように1個1点という感覚が無いそうです。

 

 

僕なんか小説の登場人物の名前覚えるだけでも一苦労、、、この人誰やったっけ?と、何回もページを戻ったりもします。

 

 

数学は1つのものをいろんな所に応用できる力が必要で

 

歴史は事象をある程度1まとまりで覚える力が必要

 

必要なアプローチが真逆なんですね。

 

 

 

提出物の期限がギリギリの場面で必要な力とは

テスト期間というのは、もちろん彼らがテスト受ける期間ではあるのですが、それと同時に提出物がある教科の締め切りの期間でもあります。

 

 

僕らの時代もそうでしたが、余裕をもって勉強をしたり提出物を準備している生徒の方が少数派で、ほとんどの生徒はなにかに追われるようにギリギリで勉強や提出物の完成に取り組みます。

 

 

そういうときに強いなと思うのが、人を頼れる人です。

 

 

 

「誰か答えみして!」

「誰かここわからんから教えて!」

 

そうやって言える子は、なんやかんやで欠点を免れている気がします。

 

 

最上位層の子は、言われなくても余裕をもって提出物やってたり、普段から勉強してる子なんですけどね。

 

 

まぁそれは置いといて、、、

 

 

それができない子は、最後の最後まで一人でやろうともがき苦しんでいます。

 

 

これは生徒だけに限らず職場でもそう感じていて、

 

「このデータどこにあるん?」

とか

「これわからんからやってや」

ってすぐ言ってくる同僚がいます。

 

 

しゃーないなぁと思いながら手伝ってあげているんですが、「しゃーないなぁ」と人に思わせる人間性とかキャラとかを持っているのがその同僚の強いところで

 

自分の周りの人の力をも自分の力にすることができれば、自分ができる必要なんてないですもんね。

 

 

僕は結構自分で色々やっちゃう派なんで、そういう人を見るといつもいいなぁと羨ましくなります。

 

 

上手に生きていくためには人の力も借りれる力が必要で、それができるためのキャラとか人間性が必要。

 

 

テスト期間はそんなことをいつも感じます。

繁盛する居酒屋の条件とは

奥さんが外にご飯に行くとき、家で自分一人のためにご飯を作るのもなんかめんどくさい、、、

 

ということで、そういう日は一人のみに行くことが多いです。

 

 

先日も一人で立ち飲み屋さんにいって、「お兄さん、おかわりいる?」と言われ、まだまだお兄さんと呼ばれるんだなということに満足しながら、一人でケータイをいじりながらお酒を飲みます。

 

 

立ち飲み屋さんですごいなぁと思ったのが、お客さんのことを覚えているのか、入ってきたお客さんに対して「ここ入ろうか!」と、お客さんが立つ場所を上手に決めていること。

 

 

立ち飲み屋さんとか居酒屋とか、繁盛するところって料理がうまいとかお酒が安いとか場所がいいとかそういったところが要因の1つだと思いますが

 

それ以上に、お店の雰囲気とか、店員さんの人柄とかが繁盛する要因になっているのではないかなと思います。

 

 

今時美味しい店とか安い店なんかはいくらでもある。

 

 

でも、その店独特の雰囲気とか人柄とかはその店でしか出せない。

 

 

先日行った立ち飲み屋さんではそんなことを感じました。

お酒とのつきあい方をの変化について

同僚の先生とご飯に行きました。5、6人で行ったのですが、僕が一番上でした。

 

 

大学院に行っていたので働き始めたときから年下の先生はいたのですが、こうして食事に行くときに一番上だったというのはなかなかなくて、それなりの年齢になっていることを実感しました。

 

 

なんか、先日も別の記事で同じようなことを書いたような、、、27歳なんてもうアラサーですもんね。

 

 

お酒の飲み方も落ち着いてきたなぁという感じがします。

 

 

それこそ、大学生とか大学院生時代は吐くとか記憶がぶっとぶまでお酒を呑むことが多かったです。

 

 

先輩に日本酒の瓶を渡されてそれをラッパ飲みしたりとか、それはそれで楽しかったんですが、今となってはアホなことしてたなぁと思います。

 

 

そういえば、高アルコールのお酒の新規販売を控える動きもあるみたいですね。

 

相次ぐ「ストロング系」の新規販売終了は撤退か戦略か。サントリー、キリンの対応は? | Business Insider Japan

 

 

最近では、「スマートドリンキング」という言葉もあります。

 

 

いっぱい呑むのも、ちょっとだけ呑むのも、ソフトドリンクも、飲み方は人それぞれでいいよねという考え方です。

 

 

お酒強いとか弱いとか、好きとか嫌いとか、そんなんも人それぞれですからね。

 

 

それでも、お酒をわりと呑む方である僕は、たくさん呑む人と飲み会にいくのが楽しいなぁと思うのも事実なんですよね。

 

 

ただ、そうやって呑みたいときは、そうやって呑める人を誘えばいいので、僕自身もその場に合わせたお酒とのつきあい方を考えていきたいです。

家庭のお金の使い方

職員室で、「夫婦のお金をどう管理するのか?」という話が出ました。

 

 

ある先生が「自分が稼いできたお金やのに、“お小遣い”って毎月お金を渡されるのが意味分からん」と言ったことから話が始まりました。

 

 

僕の家では、夫婦ともに教員で収入もほぼ一緒なので、「同じ額を共通の口座に振り込んで、あとはそれぞれのお金」という形で管理しています。

 

 

職員室の話のなかでも、それが理想よなという感じでした。

 

 

どこかで奥さんが産休に入ったりするとまた仕組みを考え直さないといけませんが、今のところ我が家はお金に関してはお互いになんの文句もありません。

 

 

ただ、世の中のスタンダードは「旦那のお小遣い制」のようで、相場はだいたい月3万円。それより少ない人も聞いたことがあります。

 

 

そういった家庭でお金を管理しているのはだいたい奥さんの方。

 

 

「たまにそのお金、勝手に使ってないんですか?」とお聞きすると「たまにね」と、ちょっとブラックな部分が見えたりも。

 

やっぱそんなもんなんやなぁ、、、

 

 

僕の家庭ではお金を管理しているのは僕なんですけど、お金を一番使うのは食費で、食費といっても僕と奥さんで外食することが多くて、それはそれで贅沢ではあるんですがいつも楽しい時間を過ごせてるので無駄遣いとは思っていません。

 

 

あ、今のところ勝手に家のお金勝手に使ってるとかないですからね。

 

今のところって言い方もよくないんか、、、

 

 

「金の切れ目は縁の切れ目」というほど、お金の使い方は大事なものですが

 

家庭にあったお金の使い方は家庭によって違うもの。

 

 

今後、いろんなライフステージに応じてお金の使い方も変えていかないといけない。

 

 

将来のことも考えながら、我が家にあったお金の使い方をライフステージに応じてアップデートしていきたいです。