1.17ーしあわせ運べるようにー

26年前の今日、阪神淡路大震災がありました。

 

神戸から離れて9年目になりますが、この日だけは神戸の事を思い浮かべます。

 

 

「震災の記憶を風化させてはいけない」

 

 

神戸の小学校・中学校でこの日には毎年防災教育をしているのですが、そんな神戸の教育があったからこそ僕は今もこうして1.17という日には神戸の事を考えることができているのだと思います。

 

また、「しあわせ運べるように」という教材で道徳の授業っぽいことをしたのを覚えています。

 

内容は忘れてしまっていますが、、、。

 

「しあわせ運べるように」という震災復興の歌があるのですが、この歌はいまだに歌えます。

 

 

支えあう心と 明日への 希望を胸に

 

 

ここの歌詞がいいなぁと思います。

 

 

ちなみにこの「しあわせ運べるように」、神戸市歌になったそうです。

 

 

 

さて、僕は映像でしか見たことがないんですけど、当時の神戸、メチャクチャだったんですよ。

 

f:id:nbnl_takashi:20210117155951p:plain

 

f:id:nbnl_takashi:20210117160048p:plain

 

この高速道路が倒れている映像と、長田の火事の映像は見たことがある人も多いと思いますが、本当に衝撃です。

 

 

こんな状態だった神戸がいまでは

 

 

中央区 (神戸市) - Wikipedia

 

 

こんなに美しい姿になりました。

 

 

これは、当時の神戸市民の方々が、歌のようにまさに支え合って、明日への希望を夢見続けた結晶だと思っています。

 

 

 

当時僕はまだ母のおなかの中にもいなかったですが、こんな街に生まれることができて本当に誇りに思っています。