せっせと働いたアリは遊ぶ時間があったのだろうか?

割振りがまだ余っていたので、今日も90分早く退勤しました。

 

 

1学年の先生がみんな割振りがあり、「今日割振り使うチャンスや!」とこぞって早く帰ったので、今日は後ろめたさもなく帰ることができました。

 

 

「今日みたいにみなさん帰られるときは帰りやすいんですけど、普段は権利とはいえちょっと後ろめたさありますよね、、、」

 

 

と話をすると「権利なんやからどんどん使ってエエんやで!」と先輩先生が。

 

 

その一言でどれだけ救われるか、、、いい職場に感謝。

 

 

 

さてさて、早く帰っていつも来年度の採用試験に向けて高校数学の勉強をしているのですが、今日はこの本を読んでいました。

 

 


f:id:nbnl_takashi:20220930164802j:image

 

「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール https://amzn.asia/d/ih1tTqS

 

 

みなさん、アリとキリギリスの話はご存じですか?

 

 

働き者のアリは毎日せっせと働いているのに、キリギリスは遊び呆けている。

 

 

その結果、キリギリスは飢え死にしてしまいます。

 

 

アリはせっせと働いたお陰で生き延びることができたのですが

 

 

果たしてこのアリはいつキリギリスのように遊んで、幸せな時間を過ごしたのでしょうか?

 

 

現代人はこのアリと同じようなことをしている方がたくさんいらっしゃるようで

 

将来のために仕事をする、将来のためにお金をためる

 

将来のために蓄えを作ることは大切かもしれませんが、それが行きすぎるとその将来のために今という時間を犠牲にしてしまいます。

 

 

老後の資金集めのために、NISAをしたり投資をしたりしている方もたくさんいますが

 

資金が増えても老後は体も動かなくなってできることが限られてきてしまいます。

 

 

死ぬ直前に病院のベッドで横たわっていることを想像して下さい。

 

 

その時に自分がもっているべきなのは多額の貯金なのか、たくさんの思い出なのか、

 

果たしてどちらなのでしょうか?

 

 

本書には

 

 

「今しかできないことのために惜しみ無く金を使え」

「人生で一番大切なのは、思い出を作ることだ」

 

 

と書いています。

 

 

もちろん、老後の資金も大切やし、そのために今を少し我慢することも大切かもしれませんが

 

「将来のために!」と思い込みすぎて、今を犠牲にすることはしないように、その辺りのバランスは考えていきたいですね。

 

 

老後でなくとも、結婚式、出産などの目標を決めてお金をためる、仕事をするのはいいかもしれませんが

 

大体の仕事は年々給与も上がっていきます。

 

 

「将来のために!」という資金集めは、もう少し収入が増えてからでも遅くはないと思います。

 

 

 

とはいえ、アリは働きすぎですがキリギリスも遊びすぎ。

 

 

今と将来のバランスを考えながら、時間もお金も使うようにしていきたいですね。