集団面接試験に行ってきました

教員採用試験の集団面接にいってきました。

 

集団面接は2年ぶりだったのですが、その時と少しやり方が違っていました。前回までは、集団討論が始まるまでに進行役を決めておく方法だったのですが、今回は討論の中で進行役を決めるようになっていました。

 

テーマが発表され、面接官の方に「では、始めてください」と言われると、最初にもちろん誰かが話始めないと始まらないですよね。そこで僕が「では、進行役はいかがいたしますか?」と話を始めてしまったため、進行役を決める会話の進行役になり、そのまま僕が「では、私が進行役をさせていただいてもよろしいでしょうか?」と進行役をやる事に。

 

大丈夫かなぁ、、、と一瞬思ったのですが、大学院生の時にゼミ長をやっていてその時にゼミの進行をしていたり、オンラインではありますが『学び合い』の会で進行役をやったりと、意外と進行役の経験があったんですね、僕。

 

その甲斐もあってか、進行は割とスムーズにできたんじゃないかなぁと思います。

 

集団討論とか面接試験って、毎回できたかどうかの手ごたえあまり分からないのですが、今回は割とできたんじゃないかなぁと思っています。前日まで読んでいた、坪田まり子さんの書籍に書いてあった「何を言うかより、どう見えるか、どう聞こえるか」という事を意識しながら行えた事がよかったんだと思います。

 

とか言いながら次に進めてなかったら少し恥ずかしいですが、、、。結果、出てたらいいなぁ。

 

さて、また来週から学校勤務。そしてもうすぐ夏休み。気合入れて臨もう。