普段の取り組みの結果が定期テスト

テスト採点をしました。
 
 
採点をしながら、このクラスには何を語ろうかな、、、と色々考えるのが楽しかったです。
 
 
数学って、特に得意苦手がはっきり分かれる教科だと思うんですよね。
 
 
しかも、積み重ねですんで行く教科やから、どこかで躓いてしまうとそこから先に進めなくなってしまう。
 
 
そんな特徴もある教科なので、授業ではなんども
 
「一人も躓かせたくない」
 
と語っています。
 
 
それぞれのクラスで、それぞれの取り組みかたをしていますが、
 
やはり一番大切なのは結果が出ているかどうか。
 
 
とくに、躓いている生徒がいるかどうか。
 
 
クラスによっては躓いている人がいるし
 
クラスによっては「分かっているふり」をしている生徒がいる。
 
 
それは、結果を見れば分かるんですよね。
 
 
普段彼らがどのようにとりくんでいるのか
 
その結果がどうなっているのか
 
それらを踏まえて、テスト返しではぼくの気持ちを正直に語ろうかなと思います。