自分を野球の道に進めたのは紛れもなく祖父である

昨日、祖父の誕生日です。

 

祖父は今デイサービスを利用しているのですが、コロナウイルスの影響でなかなか会いに行けません。

父や伯母が時々会いに行っているのですが、話しかけても目がうつろな状態だそうです。

 

祖父は、僕が野球を始めるきっかけの人です。


祖父は孫に野球をやってほしかったそうで、姉が生まれてきたときは女の子だったので野球に誘いにくかったみたいです。

2人目に僕が生まれ、やっと野球をしてもらえる!そう思ったんでしょうね、、、(笑)

 

両親は、僕がやりたいことをやらせてあげようといった教育方針だったため、僕に野球を勧める事もなかったのですが、祖父が勝手にグラウンドに連れて行っていたそうです。

それだけではなく、両親に無断で入団届も出していたそうです。

そうして僕は、物心ついた時からグラウンドにいました。

 

今聞くとメチャクチャな話ですが、祖父が僕の人生の軸を決めたといっても過言ではありません。

僕は野球に没頭し、野球で進学し、それをきっかけに神戸を離れ、いまは新潟にいます。

たくさんの場所に住み、たくさんの人に出会えたことも、祖父のおかげです。

 

もうしばらく祖父には会えていません。

コロナが収まったら、いろんな話をして(できるかはわかりませんが)、たくさんの感謝を伝えたいです。

 

少しでも長生きしてください。

誕生日おめでとう。