生徒のテストの結果は教員の授業の結果でもあって

期末テストも終わり、現在◯つけ地獄です。
 
 
楽に◯つけをする方法はないのだろうか、、、
 
 
そんなことを模索しながらも、とりあえずは普通にテストを行ったので、普通に◯つけをしています。
 
 
2学期以降はちょっとチャレンジしてみようかな、、、
 
 
 
 
さて、今回のテスト、僕が思ってたよりも平均点が低かったです。
 
 
1年生の1学期のテストなんて点数を取れるもんなので、それより低いのは当たり前なのですが
 
僕が思っているよりもはるかに低い。
 
 
これはちょっとショックでしたね、、、。
 
 
 
生徒の点数って、生徒がどれだけ勉強を頑張ったかが結果として反映されるものであり
 
教員がやってきた授業を評価するものでもあるんですよね。
 
 
生徒の点数が低いということは、教員の授業の質もそれなりのものであることの証明になります。
 
 
そういった意味でも、今回のテストは結果が出ず、少しショックを受ける結果になってしまいました。
 
 
これを受けて、これからどうするかが大事なところで
 
今回ダメやったことは仕方ない。
 
 
ここからこの先どのように授業をやっていくのか。
 
 
2学期の中間では結果を出してもらえるように、授業を進めていこう。