ネットに公開しているブログは誰がみているかわからない

こうやってブログを書いて、いろんなとこに共有していると
 
意外な人がブログを見てくださっていたりします。
 
 
例えば、最近で言えば職場の先生から
 
「◯◯先生が、先生のブログを参考にさせてもらってますって言うてましたよ!」
 
と言っていただきました。
 
 
◯◯先生とは、僕が中学生の時に同じ学年にいた先生のことです。
 
 
そんな人も自分のブログを見ていてくれてるんだなと
 
少し嬉しくなりました。
 
 
僕がブログを書いている理由としては
 
自分自身を成長させるためであったり
 
僕の考え方をいろんな所に広めたいという意図があったりするのですが、
 
やはり誰かに見てもらっているというのを実際に聞くのは嬉しいなと思います。
 
 
逆に言えば、僕が全く知らない方にも見てもらえている可能性があるので
 
投稿する際には緊張感を持つ必要があると感じています。
 
 
誰かの悪口とか、そういった投稿は僕の知らないところからすぐに広がってしまいます。
 
 
「情報モラル」という言葉も流行っていますが
 
誰に見られても問題がない投稿、という所を心がけて書いていけたらなとおもっています。