一言声をかけてもらえる嬉しさ

また1週間が終りました。
 
 
昨日からは通常授業がはじまり、やっと1週間が流れ出したなという感覚です。
 
 
今日は学年会議があったのですが、やはり年度始めの学年会議はなかなかに重い。
 
 
ブログを書いている今も体がカロリーを求めています。
 
 
書き終わったらラーメンでも食べに行こうかな、、、。
 
 
 
 
さて、いつも帰る前には挨拶をしてから帰るのですが、僕の勤務先はわりと人数が多いので管理職と学年部の先生にだけ挨拶をして帰っています。
 
 
今日も教頭先生に挨拶をして帰ろうとすると、
 
 
「松村先生、1週間疲れた?来週からも授業で大変だろうし、土日しっかりと休んでね」
 
 
と声をかけていただきました。
 
 
この一言がどれだけ僕の心に染み込んでくるか。
 
 
「気にしてもらえてるんだな」と分かるだけで、心が軽くなるんだなというのを身に染みて感じました。
 
 
 
これと同じことを僕らは生徒にすべきですよね。
 
 
すれ違ったらできるだけ声をかけてあげる。
 
 
できれば、特定の子だけじゃなくて全員に声をかけるように意識する。
 
 
声をかけてもらえるだけで
 
「ここにいていいんだ」
 
と子どもも思えるはずです。
 
 
本当は、僕じゃなくてクラス生徒同士がやるべきことなんですが、この1週間でやはり担任の先生の影響力というものが強いというのも分かりました。
 
 
集団をみとって評価して、集団と繋がるというのがセオリーですが、すれ違ったら生徒やクラスの生徒、部活の生徒には特に意識して一言だけでもかけてあげようかなと思います。