書籍の漫画や小説版について

書籍『7つの習慣』を読んでいたのですが、、、



7つの習慣って結構分厚い本なんですね。



読むのになかなか時間がかかってしまう、、、。




だから、すぐ読めるように「小説版まんがでわかる7つの習慣」に切り替えてみました。



漫画なのか小説なのかややこしいタイトルですが・・・小説です。



7つの習慣の大切なところを物語形式で、わかりやすく解説してくれています。



お子さんや生徒に読ませるには、こっちのほうがいいのかもしれないですね。





ただ、漫画版や小説版は、『7つの習慣』を読むのと比べると学びは薄いです。



僕は『7つの習慣』を一度全部読んだことがあるので、小説版を読むことでそこからいろんなことを思い出すことはできるのですが、そうでない人は漫画版や小説版だけで7つの習慣をしっかりと理解するのは難しいと思います。





この辺りは、本を読む目的は何なのかというところを明確にして使い分けるといいと思います。




一回本編を読んで思い出したい、とりあえずどんなものなのかを知りたい、お子さんや生徒に読ませたい等の時は漫画や小説版でいいと思いますし、しっかりと理解したい、逆に漫画や小説が苦手な場合は本編を読むといいと思います。




最近では、漫画版や小説版だけでなく書籍を解説してくれているYoutuberもいらっしゃいます。



僕は、『イノベーションのジレンマ』は出てくる例ですら難しかったので、Youtube先生に教えていただきました。





7つの習慣で言う「終わりを思い描くことから始める」じゃないですが、本を読むにしても知識を蓄えるにしても、なんでその知識が必要なのか、その知識はどの程度必要なのかを明確にして



本を選んだり媒体を選んだりすると、自分の時間を有意義に使えると思います。



ぜひ漫画版や小説版、Youtubeを有効活用してみてください。