お金のための仕事から離れるためにもぜひFIREしたい

厚切りジェイソンさんが、FIREを達成したという記事を見ました。



厚切りジェイソン、いつの間にか“FIRE”を達成していた「私ほどケチな人を知りません」(週刊SPA!) - Yahoo!ニュース



FIREとは、資産運用をすることで得られる収入(不労所得)によって生活費をまかなうことです。



資産運用だけで生活できる状態という事ですかね?



まぁ厳密にはいろいろあると思うのですが、一番端的にFIREを説明するならばこの説明が一番簡単かなと思います。





僕も将来的にはこのFIREを達成したいなと考えています



もちろん生活に余裕を作ることも目的ではありますが、一番の目的はお金のために働かなくても良くなるということです。



働く目的はやっぱり生活費を稼ぐためになると思うのですが、お金のために働くということになるとなかなか心がついていかなくなります。




僕もお金のためじゃなくて、自分が心からいいと思うものを誰かに提供して、幸せになってもらうために働きたいなと思って。





学校の先生なんかは人を幸せにできる職業だと思っているのですが、部活動を含む残業の時間なんかはお金が支払われていないのでどうしても心から力を入れることができません。



それは結局、僕自身がお金のために働いているからだと思うんですね。





自分が働いたことによって誰かが幸せになって、その結果お金がもらえるって形だとお金は二の次なのでそのような事にはならないと思うんです。



お金のために仕事をするには、それだけの経済的余裕が僕自身にできる必要があります。





そのためにも、いつかはFIREしたいなと思っています。





地域の野球チームで野球教えてるぐらいがほんまは面白いんやろうなぁ。



あれって無賃金でやってるから、指導してる人ってほとんどが趣味の範疇でやってると思うんです。



そこに強制力はあまりなくて、みんな野球を教えたくて指導者をしてる。



仕事もそんな風になればいいなぁ。






趣味でやってることもお金が発生すると趣味じゃなくて仕事になってしまうって言うし。



おかねって難しいなぁ。