それぞれの戦い

今日は1日地区大会の役員だったため、学校には行きませんでした。僕の学校はシードのため、自分のチームの試合はありませんでした。でも、他のチームの全く知らない生徒であれ3年生の最後の大会というのはどこか心が揺さぶられます。

 

最後の大会で、いつも以上の実力が出せたであろう生徒もいれば、絶対に悔いが残ってるやろうなぁという負け方をしているチームもありました。どちらにせよ、一生懸命野球をやっている生徒の姿というのはやはり感動しました。

 

僕の学校はシードのため、試合は今週末から。

 

しかし、今週末はなんと僕の教員採用試験の1次試験の日でもあるわけです。

 

自分が顧問をしているチームの最後の最後を見届けられないかもしれない。寂しい気持ちもありますが、やはり生徒に申し訳ないなぁという気持ちが強いです。

 

自分の働き方改革や、今後の持続可能な部活動の在り方を考えながらの運営で、自分は少し引き気味で外部コーチの方に指導や指揮をお任せしているので生徒はそこまで僕がいない事を気にしていない可能性はありますが、それでもやっぱり申し訳ないなぁと思います。

 

まぁ僕も人生がかかった試合に行くようなものなので確実に仕方ないのですが。

 

 

県大会に行くことができれば彼らの試合を見に行くことができます。

 

僕は僕で神戸で戦いながら応援しています。頑張れ。