同じ環境にいると気付かないこと

4月から、なんとなくダイエットを始めています。まぁ別にきっかけとかは無いんですが、ちょっと気が向いたんでやってみています。

 

かといってそんな大したことをしているわけではなく

 

・朝食は起きてすぐのプロテイン

・朝に10分程度の筋トレ

・夕食は低糖質、高たんぱくを心掛ける

・タンパク質→野菜→その他の順番で食事をする

 

といった程度のダイエットです。

 

ちなみに食事の順番は、野菜やタンパク質から取ることで血糖値の急上昇を防ぎ、当分の吸収を抑えるといった効果があります。また、急上昇した血糖値はその後急降下し、眠気の原因となります(インスリンショックといいます)が、それを防ぐこともできます。誰でも簡単にできるのでお勧めです。

 

そんなこんなで約1ヶ月半。なんと9kg程度痩せました。自分でもびっくりです。

 

久しぶりに誰かに会うと、「え、痩せすぎじゃない?やつれた?」と仕事のストレスを心配されるのですが、そういうわけではありません。ダイエットが成功しているんです。そしていい職場です。

 

ただ、同僚は僕の激やせに気付かず、「僕、そういえば9kg痩せたんですよ」と話をしてみると「えぇ!」と、入学当初の写真と見比べる。そこでやっと「あぁ、確かに!痩せましたね!」と言われます。

 

 

普段一緒に仕事をしていたり、ずっと一緒にいる人って意外と周りの変化に気付くことができないんだなと感じるきっかけでした。

 

だからこそたまには外に出てみることも必要なんじゃないかと思いました。