やはりキーワードは"したたかに"

今日も体育で陸上の授業をしました。もちろん、『学び合い』ではありません。「スタートはこうやってやるんだよー」っていう授業です。

 

が、今日のは割と手ごたえがあったかなぁと思います。

 

ポイントだけ伝えた後、「じゃあ、これからみんなにやってもらうけど、できてない人見かけたらアドバイスしてあげてな」って言うと、彼らは互いに見合い、課題に向かって活動していました。

 

クラウチングスタートの練習で、スターティングブロックの代わりに誰かが足を置いてあげるという形でやっているのですが、「もうちょっと強くけれるんじゃない?」とか「手の幅もうちょっと広い方がいいんじゃない?」と、僕が何も言っていない所も補助している生徒がアドバイスしてあげるという様子が頻繁に見られました。

 

いい傾向だなと思います。

 

っていうか、これでいいんだと思いました。

 

がっつり『学び合い』でやりたい気持ちはありますが、どうしても全く教えないという形は他の先生が見れば「それはどうなんだ?」と思われてしまいます。だから、普通の授業をしながらうまーくしたたかに、『学び合い』の考え方を取り入れることで現場にもなじめる『学び合い』ができるんだなと今日の授業で感じました。

 

やはり大事なことは"したたかに"というキーワード。

 

環境にあった塩梅を見つけ、これからもしたたかにやっていこう。