YouTubeを使いこなす事も情報活用能力である

最近のSNSってすごいですよね。特にYouTubeなんかは娯楽サービスではなく、もはや情報収集や勉強のために使っています。

 

 

大学の数学の勉強についていけない・・・

そんなとき、YouTubeの先生に教えてもらいました。

www.youtube.com

 

最新のニュースが見たいけど、最近のテレビの報道番組は余計な情報が多すぎる。そんなときも、ニーズを満たしてくれるチャンネルがありました。

www.youtube.com

 

 

筋肉をつけたい、ダイエットがしたい。そんな人に有力な情報があふれているチャンネルがありました。

www.youtube.com

 

 

本を読むひまがない、本を購入しようか迷っている。そんな人におススメのチャンネルがありました。

www.youtube.com

 

 

 

 

SNSは娯楽のイメージが強いという方もいらっしゃるはずです。特に、インターネットから離れている(近づいていない)方にそういった方は多いのではないでしょうか?

 

子どもがYouTubeばっかりで勉強しない。

 

じゃあ、逆にそれを利用して、YouTubeで自分の将来の夢についての動画を探してみたり、必要な情報を入手させてみたりしたらいいと思うんです。

 

勉強の方法、情報収集の方法も時代に応じて変わっています。

 

世の中にあふれている情報の中から自分の必要な能力を引っ張り出して使う能力が、最近言われている「情報活用能力」なら、情報を集めるのに非常に有効なYouTubeを活用することができるようになる力も必須のはずです。

 

先日も書きましたが、「管理」ではなく「活用」に考え方をシフトする必要があるのではないでしょうか?