自転車の危険運転が多発

最近、自転車の危険運転が全国で多発しているようです。

 

自転車で逆走する、蛇行する、ゆっくりはしる、急に止まるなどの危険な運転をしています。

 

先日、全国で初めて自転車のあおり運転で逮捕者が出ました。

 

警察の取り調べでは

「車に仕返しをしてすっとした気持ちになっていた」

と話をしていたようです。

 

いやぁ、なんでそんなことするんやろか、、、。

 

この男にちゃんとした教育をしていれば何とかなったのだろうか?と考えたこともありましたが、教育は万能ではありません。『学び合い』もです。

 

大学院に入ってからなんでもかんでも"教育で何とか・・・"と考える癖がつきましたが、そこまで考えていたらきっと自分の心が持ちません。

 

だから、「教育も『学び合い』も万能ではない。最終的には本人次第。」とアドラー心理学で言う"課題の分離”が必要なんだなと思いました。

 

 

ちなみに、自転車の危険運転は自動車免許を持っていた場合、違反点数は25点で即免取らしいです。自転車で危険運転なんかしませんが、知らない知識でした。

 

また、危険運転をする自転車と自動車で事故を起こしてしまった場合、自動車の過失になる可能性は低いそうです。しかし、証拠がなければいくら危険走行であっても自動車の過失になってしまう可能性があるため、ドライブレコーダーをつける事が必要だそうです。

 

僕もドライブレコーダー、つけようかな、、、。