お金をかけるところ、節約するところ -ケチる≠節約ー

また大雪になってしまいました。

 

引っ越した先のアパートは消雪があり、ないよりはましだと思うのですが、消雪が追い付かないほどの大雪になっています。それでも1月中旬の雪に比べたらマシなのですが。

 

神戸でたまーに降る雪に対して北陸の人が「あんなの降った内に入らない」という感覚もわかるようになりました。これだけ慣れてもやはり雪道の運転は怖いです。

 

今日はアルバイト、明日は非常勤の仕事があるので何とかして車を出さないと、、、。そう思ってとりあえず自分の車の上の雪を落とします。すると「ボキっ」という音と共に、車の雪下ろしが折れてしまいました。こんなタイミングで雪下ろしが使い物にならなくなるなんて・・・

 

雪下ろしを購入するために恋人に今朝雪下ろしを借りてなんとかドン・キホーテにたどり着きました。1000円ぐらいでちゃっちいもの、1500円ぐらいでしっかりとしたものの2つの選択肢がありました。前まで使っていた最安値のものはすぐ折れてしまった上に使いづらさがあったので、今回はいいものを買ってみました。

 

すると、やっぱり使いやすい。しかも壊れる気がしない。

 

やっぱりモノって値段相応の機能が備わっているなと思いました。

 

まぁ当たり前の話なんですけど、どこに値段をかけるかって結構重要なことだと思うんです。今回の雪下ろしだけではなく、いままでケチってきて後悔する場面が何度もありました。

 

最安値で買ったパソコンは動作が遅くイライラしました。友達に貸したのに「全然動かないんだけど」と貸した僕が怒られるぐらい遅かったです。しかし、最近買ったsurfaceはサクサク動きます。ストレスから解放されました。

 

やっぱりいいものって快適だし長持ちする。だからいいものを買った方が長期で見ると安く済む場合があります。

 

もちろん、保険料、光熱費、携帯料金など見直せばいくらでも安くできるものも山ほどあります。

 

僕の感覚では、自分で「ケチっているな」と感じるものは×で、「節約している」と感じるものが〇なんだなとこのブログを書きながら感じました。

 

皆さんはどこを節約して、どこでお金を使っていますか?