初めての先生としての授業

やっと降雪は収まりましたが除雪が間に合わず、車も出せない状態が続いています。

 

もちろんアルバイトにも行けないので来月のお金が、、、となっております。

 

明日は非常勤講師の仕事が。

 

学校までたどり着くかな、、、。

 

 

 

さて、今日はそんな非常勤講師のお話です。

 

先日初めての授業を行ってきました。

 

人生初めての先生としての仕事ですね。

 

単元はバスケットボール。

 

10時間を任されました。

 

 

 

非常勤先は元々学校支援フィールドワークでお世話になっていた所なので、先生や生徒との信頼関係はある程度できています。

 

だから、少々思い切って授業ができるわけです。

 

さて、どうしようかな、、、

 

 

 

やはり思いついたのは『学び合い』でした。

 

 

 

「今日から非常勤講師として授業するわけやから、みんなのことを評価する立場になります。体操とか、準備とかその辺も含めて評価します。で、みんなにやってもらうことは、これからバスケットボールの時間が10時間あるわけやけど、最後の1時間はみんなに自由に遊んでもらう時間にします。あとの9時間は、まず授業の前半はみんなにはこの表に書いてあることを全員ができるようになってもらいます。もちろん、この表のことができるかどうかはみんなの評価に大きく関わるから頑張ってくださいね。後半にはゲームをします。前半の時間であらかじめみんなの力が平等になるようにチーム分けをしておいてください。では、まずチーム分けから!どうぞ!」

 

 

 

といった感じの語りでした。

 

本当はもっとたくさん言いたかったのですが、なんせ極寒の体育館。

 

みんなの寒そうな姿を見たらはやく活動させてあげたいと、あまり語ることができませんでした。

 

 

 

まぁでも、あと9時間もらってるから、ちょっとずつ伝えてい事を伝えていこう。

 

 

 

初めての先生としての授業。

 

先生からも生徒からも、たくさん勉強させていただこう。