引継ぎの難しさ

今日、今年最後の全体ゼミが終わりました。

 

最後のゼミということで、次の代への引継ぎとかがあったんですが、

 

色々スムーズにいっていないことが分かりました。

 

 

 

原因は、M2とM1の対話が不十分だったことです。

 

そしてそれを生み出したのは、西川研究室全体、もしくはM2だったのかもしれないと反省しています。

 

 

 

 

基本的に、引き継いだらM2は全体ゼミに行かなくなります。

 

M1の代になるので、

 

「なんか助けてほしいことがあったら呼んでな」

 

ってスタイルで引き継いでいました。

 

 

 

でも、きっとそれが間違いで、

 

「なんか助けてほしいことがあったら」

 

って言われても、M1はいつ呼んでいいのかわからないし

 

「やりたいようにやってな」

 

というのは乱暴だったのだと思います。

 

 

 

確かに僕らM2は、協力する気が無いわけではないし、何か言われたら積極的に助けようと思ってる人も多いです。

 

 

 

そして、その上今までやっていたことをやめるという案がM1から出たとき

 

「え、それでいいの?」というのはなぁ、、、

 

強豪野球部のOBが、フェンス裏から野次ってるのと一緒ですよね。

 

 

 

んーいっぱいやるべきことをやってなかったなぁ、、、。