言葉は伝えるべきタイミングで伝えるべきことを伝えないといけない

今日も昨日と同じ流れで授業をしました。

 

でも、失敗やったなぁ。

 

何が失敗やったかって、昨日と同じように授業をしたことです。

 

クラスが違うにも関わらず、同じ内容の言葉を伝えてしまったし、同じ雰囲気で授業をしてしまいました。

 

 

 

昨日は割とうまい事授業を進められた気がします。

 

きっとそれに慢心してしまっていたのでしょう。

 

「今日も昨日と同じ感じで授業すすめたら大丈夫か」

 

多分、生徒にはこの感じが伝わってしまっていたんだと思います。

 

 

 

『学び合い』の授業でなかったにしても、最後は授業中に自分が伝えようと思ったことを伝えようと語りの時間を入れていたのですが

 

「今日はこの話をしよう」

 

と初めから決めて授業に入ってしまいました。

 

 

 

言葉は、伝わりやすいタイミングで伝わりやすい言葉を伝える必要があると思っています。

 

そのために必要なのが、相手を見とる事。

 

今日はその見取りをさぼっていたのかもしれません。

 

 

一斉授業である程度思った通りにすすめられていたからこその慢心なのでしょうか。

 

反省です。