教育現場で感じた事

迷惑をかけるのは本当にいけない事?

1学期中に、こんなことを言われた事が印象に残っています。 「授業のトラブルが授業の外に波及した時に他の先生に迷惑がかかってしまうのは・・・」 僕って、授業中に何かトラブルがあったときとか、生徒が失敗してしまった事とか、そんな時こそ教育のチャン…

ルールにも意味がある

体育のダンスでは、iPadを使って授業をしています。まぁ、使っているといっても僕は生徒のiPadに課題動画を入れているだけで、使っているのは生徒の方です。「有効に使うなら自由に使ってもらっていいからな~」と伝えています。すると生徒は、僕が入れた動…

保護者懇談の目的とは?

今日は、個別懇談がありました。隣に特別支援のもう一人の先生についていただきながらでしたが、はじめての個別懇談を何とか終えることができました。 特に大きな問題はありませんでしたが、個別懇談の目的をしっかりと把握してから臨むべきだったなと反省し…

分からないところが分からない

1年生で、ソフトボールの授業をしています。 今日はついにバットを使っての授業。「こうやって握って、こうやって打つんやで~」と説明し、まずは打たせてみる。 でも、打てない。 ただ、当たらない事は全然想定内なんです。 でも、そもそもバットが振れない…

学歴社会を崩すために

学歴社会がほぼ崩れているにも関わらず、まだまだ受験は偏差値が高い所を受けることが吉とされています。そしてそれをたくさんの教員、生徒、保護者が信じている事により、進路指導もやはり偏差値の高い所を勧めるところが大半です。 それがなぜなのか考えて…

「子どもに任せる」と、「子ども集団に任せる」には大きな違いがある

僕は基本的に、事あるごとに生徒に「任せた!」といって、あとは本当に任せてしまいます。 体育委員の仕事があったとしても、僕よりもちろん子どもの方が色々知ってるわけで、僕なんかが考えるよりもいい案を思い付きますし、そもそも子ども同士で進めてしま…

生徒に任せるためには自分より生徒の方が優れている事を認める事が必要

最近、体育の授業ではダンスの単元に入りました。曲や振り付けがあらかじめ決まっている課題曲、生徒に自由に曲や振り付けを決めてもらう自由曲の2つをやってもらおうと思っています。 1時間目にオリエンテーションをして、2時間目以降は生徒に自由に時間…

これだけの時間じゃ深い学びなんて、、、

ソフトボールの単元に入っています。ベースボール型の競技は、野球をやっていた僕にとっては専門なわけです。 しかし、専門だからこそ難しい。グローブのつけ方が分からない子に向けたボールの取り方なんて、僕にとっては分からない所が分からない。 しかし…

生徒の扱い方は生徒が一番わかっている

学校で多くの生徒を見ていれば、気が付かないところで生徒トラブルが起こっている事があります。今日も、どこかでその子のスイッチが入ったのでしょう。体育の時間の最初に持っているファイルを地面にたたきつけて拗ねてしまった子がいました。 「え、どこで…

"積極的"って何ですか?

主体的に学習に取り組む態度として、「積極的に活動しているか?」という評価基準を設けている人は多いのではないでしょうか?僕自身も、積極的に活動しているかどうかという所を、観察評価しようとしています。 ところで、積極的ってどのような事を言うので…

自分なりの評価基準。まずはやってみよう!

先日投稿した文科省の「新学習指導要領の全面実施と学習評価の改善について」を見ながら、自分なりの評価基準というものを設けてみました。 1.知識・技能 テストで点数を取れているか。(知識) スキルテストで点数をとれているか(技能)2.思考・判断・…

文科省がいう「主体的に学習に取り組む態度」を調べてみた

今日も「主体的に学習に取り組む態度」の評価についてです。文科省の「新学習指導要領の全面実施と学習評価の改善について」で、特に「主体的に学習に取り組む態度」の所にはこのように書かれています。 「学びに向かう力,人間性等」には,㋐主体的に学習に…

「主体的に学習に取り組む態度って何だと思います?」と聞けばいいんだ

今日も、評価の「主体的に学習に取り組む態度」について、調べてみました。 文部科学省の「3.学習評価の在り方について」にはこのように書かれています。 2.(2)1.3)(「学びに向かう力、人間性等」)に示された資質・能力には、感性や思いやりなど幅…

「主体的に学習に取り組む態度」ってどうやって測るの?

評価をつけないといけない時期になりました。特に分からないのが、「主体的に学習に取り組む態度」ってやつ。本当に分からない・・・だから、西川先生の書籍に沿って、自己評価をお互いに見せあうという取組をやってみました。しかし、一生懸命やっていたま…

それぞれの戦い

今日は1日地区大会の役員だったため、学校には行きませんでした。僕の学校はシードのため、自分のチームの試合はありませんでした。でも、他のチームの全く知らない生徒であれ3年生の最後の大会というのはどこか心が揺さぶられます。 最後の大会で、いつも…

結局、何を言うかではなく誰が言うか

大学院時代の仲間とご飯を食べに行きました。僕の学校での話をすると、やはり同じ場で学んだ者同士ということもあって、安心して話をすることができます。居心地がいいなぁと思いました。先日もこういった記事を書いたのですが、話ができる仲間が近くにいる…

子どもの成長のためか、安全のためか

昨日、次の単元のダンスのチーム決めを行いました。とはいっても、誰がダンスをならっていて誰が上手なのかなどの情報は僕よりも生徒の方が知っていると思いますので、「うまいこと決めてもらってもいいですか?」と、生徒にチーム決めをしてもらいました。…

まず着手すべきことは仲間を増やす事

自分がうまくいかない事を人のせいにしないという事を、先日書きました。 なんでうまくいかんのやろか なんでわかってくれへんのやろか そんな考え方をしていたって、結局敵を増やすだけ。そもそも、大学院であれだけ勉強してきたとはいえ、現場のことは人一…

いくつかの結果より、1つのトラブルの方が印象にのこる

昨日、できる事をできる範囲で、という話をしましたが、やっぱり僕は僕が教えることによって何かを学んでもらう事よりも、子ども同士で何かに気付いて成長していく過程の方が大事だと思っています。 子ども同士でたくさんの事に気付き、失敗し、乗り越えるこ…

できることを、できる範囲でやるしかない。

1年生の陸上競技で、リレーを4時間だけやっています。 1時間目にリレーのルールの確認や、最初のタイム測定などを行い、そのタイムを全チームが2秒以上縮めるというミッションで、2時間目3時間目を彼らに任せました。 2時間目、彼らは思い思いに話し合…

子どもからの振り返りによる『学び合い』の手ごたえ

陸上競技の単元が終わったので自己評価をさせたのですが、ついでに体育の授業のアンケートをとってみました。 「体育の授業の要望とか改善点とかあれば書いてください」 って感じのシンプルなアンケートでした。 3分の1程度の人が質問に答えてくれて、だいた…

同じ環境にいると気付かないこと

4月から、なんとなくダイエットを始めています。まぁ別にきっかけとかは無いんですが、ちょっと気が向いたんでやってみています。 かといってそんな大したことをしているわけではなく ・朝食は起きてすぐのプロテイン ・朝に10分程度の筋トレ ・夕食は低糖質…

主体的・対話的で深い評価を実践してみた

今年度から学習指導要領が変わり、評価の観点も4観点から3観点になりました。 そもそもをすること自体初めてであって、その中でもやはりよく分からないのが「主体的に学習に取り組む態度」ってやつ。「意欲・関心・態度」のままでもよくわかりませんが・・…

負の注目ですら心地よいと感じてしまっているのではないだろうか

我が学校には超かまってちゃんな生徒がいます。とにかく誰かの気を引きたい。注目を集めたいと思われるような発言が目立ちます。 「家に幽霊がいる。」 「朝ご飯、夜ご飯をほとんど食べていない。」 「給食をおかわりしまくったけどまだおなか一杯の〇割しか…

システム化は便利。しかし、それ以上に大切な事。

システム化していいなと思う事と、システム化しては子どものためにならないなという事があります。 保健体育の授業で言えば、授業が始まって最初の時間(体育館or運動場に来る→グラウンドを走る→準備運動をする→挨拶・健康観察を行うの流れ)はシステム化し…

1人で勉強するなら学校じゃなくてもいいんじゃ・・・とは口が裂けても言えない。

最近、授業をしてて思います。 「教科書ってすごい、、、」 僕は保健体育科なので保健と体育を教えるのですが、特別支援の数学も教えています。 教科書は使う義務があるのでもちろん使用して授業を行うのですが、正直僕は教科書の内容を教えているだけ。でも…

やはりキーワードは"したたかに"

今日も体育で陸上の授業をしました。もちろん、『学び合い』ではありません。「スタートはこうやってやるんだよー」っていう授業です。 が、今日のは割と手ごたえがあったかなぁと思います。 ポイントだけ伝えた後、「じゃあ、これからみんなにやってもらう…

結局、いろんな目を気にしながら授業をするとやってしまう「教える」という行為

陸上競技をやっているのですが、色々探り探りやっている結果、結局教えてしまっています。 今日はスタートについてやったのですが、「足は、前足はだいたいスタートラインから1足ぐらい、後ろ足の膝がだいたい前足のつま先と並行になるぐらいで構えて・・・…

ずるしようとすることはやる気の表れでもある

今日は、100m走をしました。 1年生にとって初めての100m走だったので、今日は測定の方法やルールを理解するといった課題で取り組みました。 そのついでに、生徒の現在の100m走の記録を測りました。 「位置について」「よーい」「ドン」で走るのですが、あ…

「先生、もうやってるよ」

最近、近くの特別支援学校とオンラインで交流会をしました。 学校のiPadには最初からいくつかアプリが入っているのですが、入っているのはだいたいGoogleのもの。ゆえに使えるビデオ通話のツールはZoomではなくGoogle meet。 App storeなるものも入っておら…